動脈硬化が心配な方におすすめのサプリ

年齢とともにもろく硬くなっていく動脈硬化。これは40歳を過ぎるとほとんどの方に起こるそうです。

その上で、高血圧や高血糖によって血管内皮細胞が障害されると、血管壁が傷つきやすくなります。

そして、潰瘍ができてしまうと、そこに血小板が集まってかさぶた状になります。

これがいわゆる「血栓」です。

血栓が大きくなりすぎると、生命に危険な病気をもたらします。

心臓の血管に血栓が詰まると心筋梗塞、そして脳に詰まると脳梗塞といった重大な病気です。

動脈硬化は加齢によって、だれでも起こり得るものですが、血圧や血糖値、血中脂質の値をコントロールすることで、重篤な病気への進行を防ぐことができます。

それには、肥満体型の方は減量を、そして高血糖や高血圧、脂質異常症の方は適切な治療を受ける必要があります。

心配な方は、血管を健康に保つことができるEPAやDHA、血管を守るポリフェノール類、余分なコレステロールを排出することができる食物繊維、ナットウキナーゼなどが配合された血栓を溶かすサプリメントがおすすめです。

忙しくて食生活が不規則な方や、バランスのよい食事がとれないという方は、こうしたサプリメントを利用して、動脈硬化による様々な病気から体を守っていきましょう。

敏感肌化粧品の化粧下地はどれを選ぶか

化粧品を選ぶ際、何を決め手として購入しますか?

有名モデルが使っている、友人のおすすめ、雑誌に載っている人気商品。

巷にあふれる化粧品は本当に様々ですが、一番大切なのは「自分の肌に合うこと」です。

現代人にとても多いのが、敏感肌です。

敏感肌にも様々なタイプがありますが、ストレスや睡眠不足が原因だったり合わない化粧品を使い続けた結果、敏感になってしまったりなど、後天性の敏感肌がほとんどです。

肌がヒリヒリしたり赤みが出てしまい、敏感肌化粧品を使用したことがある人も多いでしょう。

敏感肌の化粧下地の選び方

スキンケアを敏感肌化粧品にし、刺激を与えずにしっかり保湿し敏感を改善するのはもちろん、日中のベースメイクが、とても大切になってきます。

化粧下地、ファンデーションなどのベースメイクは、ただ肌を綺麗にみせるだけではありません。

紫外線や乾燥、車の排気ガスなど、日中には肌にダメージを与える刺激がたくさんあります。

そういったものから敏感な肌を守るために、ベースメイクも敏感肌化粧品を選ぶ必要があります。

また、ファンデーションも肌にとっては刺激となるため、その下のクッションとして肌に直接触れる化粧下地の選び方はとても重要です。

乾燥によって肌は敏感に傾くので、保湿力の高い化粧下地で肌をしっかり保湿する必要があります。

また肌の乾燥や肌荒れを引き起こしやすいエタノール配合の下地は避けましょう。

化粧下地にはUV対策を兼ねたものも多いです。

紫外線は肌にとっては刺激なので、ケアすることは大切ですが、紫外線吸収剤配合の化粧品には注意するべきです。

紫外線吸収剤は、敏感肌には刺激が強いので紫外線散乱剤が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

敏感肌クレンジングならこちらから

更年期のせいか体力なさすぎて辛い辛い

更年期のせいなのか、ただの加齢のせいなのかはわかりませんが、身体の調子の悪さは感じますね。そして非常に疲れやすくなっているのです。これがもう最大の悩みでしょうか。

疲れやすくなっていますので、非日常的なことがありますと、もう帰宅後にはバタンキューですね。体力を激しく消耗するような内容ではなくっても、疲れが激しいのですよ。たとえば冠婚葬祭なんかに出た際には、帰宅後にはもうすぐにでも寝たいぐらいに疲れてしまっているのですよね。

ですからもう「冠婚葬祭には疲れるから出たくはない!」ぐらいな感じなんですよ。しかし加齢とともに、冠婚葬祭に出る機会が多いじゃないですか。年齢が上がるとともに、とくにお葬式には出ることが増えますよね。しかしもうこちらは年をとってしまって立っているのもしんどいと感じる上に、改まった場に出ることで緊張してそして疲れてしまうのですよね。

加齢とともに体力が消耗されすくなっていることを切に感じるわけなのです。これで身体を動かすスポーツなんかをした場合には、2日後まで疲れを残してしまうのです。幼稚園児のあそびに付き合ってだけで次の日には明らかな疲労感を感じてしまっていますからね。ですからもう辛い辛い…。更年期が辛い辛い。

更年期障害サプリメント・薬|私の症状を和らげてくれたサプリはコレ

トランクルームを利用するメリット

トランクルームを利用する最大のメリットを挙げるとすると「低価格で荷物を預けることが出来る」という点が挙げられます。
自分が預けたいと思っている荷物の量に応じたスペースを借りることで、自宅の収納スペースが足りずに荷物が部屋に散乱してしまうということが防ぐことが出来ます。
当然ですが荷物を預けた分だけ自宅のスペースを有効に活用することが出来るので快適に部屋を使用することが出来ますし、トランクルームを災害が発生した時の避難スペースや防災グッツの保管場所にするといったことも可能となります。

その他にも自宅の改築や増築によって荷物を一時的に預けたいという場合にも便利な存在となっています。基本的に現地を訪れずに契約が可能で、業者によっては契約した当日から利用することが出来て、トランクルームの代わりにアパートを借りるよりも初期費用や月額費用を安く抑えることが出来るのでメリットも大きくなっています。

また、契約が非常に手軽となっていて個人情報をこと細かく知らせる必要がなく、契約時に必要とされる身分証明書も運転免許証や健康保険証で足りるので市役所に行って改めて用意するという手間が掛からないというメリットがあります。

宅配型トランクルーム比較はコチラ

活性酸素とエイジングケア

近年、「アンチエイジング」や「エイジングケア」という言葉をTVや雑誌などあらゆるメディアで見かけるようになってきました。

これらはいずれも「老化」に抗うことを目的とした手段や行為を意味しています。そして、その方法も現在では数え切れないほど登場してきており、どの方法を用いることが正しいのか分からなくなってしまったという方もいるかもしれません。

しかし、エイジングケアにおいて1つ確実に正しいと言える方法があります。それは、活性酸素の増加を抑えるということです。活性酸素とは、体内に取り入れられた酸素がエネルギーを燃焼させる際にごくわずかに発生する酸素のことで、あらゆる老化現象の原因と言われています。

では、活性酸素を増加させないためにはどのような手段を取ることが必要なのでしょうか。様々な手段が考えられますが、食生活やストレスの改善が効果的であるとされています。

食生活では、脂肪分の高い食事は活性酸素を活動を活性化させてしまうと言われています。さらにビタミンCやカロチン、アントシアニンといった野菜に多く含まれる成分は抗酸化物質とも言われ、細胞が酸化してしまうことを防いでくれる効果が期待できます。

また、ストレスホルモンの1つであるコルチゾルは、生成される際に活性酸素を生み出してしまいます。つまり、いろいろなエイジングケアを試す前にこうした老化現象の根本となる原因を解消することの方がより高い効果が期待できるというわけです。

【活性酸素除去にならプラセンタサプリもオススメ】
顔のたるみに効くサプリランキング

シワ・たるみの改善方法・予防策

日常的に「エイジング」という言葉をよく聞く機会があるかと思います。「エイジング」とは、肌が老化していく様の事を言うのですが、具体的には、肌のハリ・ツヤ・弾力が失われ、たるみを引き起こしたり、小ジワ・シワが出来たりすることです。その他、顔がくすむ、といったことやシミが増える、なんていうのもありますが、今回はシワ・たるみについてのお話をさせていただきます。

まず、原因としては体の衰えにより体内のコラーゲン量が不足してしまう結果、肌の弾力が失われ、シワ・たるみを引き起こしてしまいます。コラーゲン量は年齢が進むにつれてどんどん低下していってしまいますので、意識的に摂取することでシワ・たるみを防ぐことが出来ます。おすすめの食材は骨付き肉(鶏手羽・軟骨)やフカヒレなどゼラチン質の多いものです。煮込み料理にしたりするとスープにコラーゲンが溶け出してきますので摂取しやすくなります。また、体内でコラーゲンを合成する際、ビタミンCが補助的に働きますので同時に摂取することでより効果が高まります。

加齢の他にもコラーゲン量が減ってしまうことがあります。何かというと、紫外線です。紫外線を浴びると、紫外線が肌の奥にまで入り込み、コラーゲンを破壊してしまいます。ですので、日焼け止めでの紫外線対策は必須となります。年齢が若くても紫外線を浴び続けていれば肌はどんどん老化してしまうのはそのためなのです。

また、肌の再生時間は夜寝ている間に行われるため、夜更かしも禁物です。コラーゲン料理を食べ、遅くてもその日のうちには就寝するようにしましょう。

>>シワに効く美容液ならこちら!

長続きさせるには習慣にする事

筋トレを始めるきっかけは、太った身体を引き締めたいやガリガリの身体をなんとかしたいなど様々です。
いずれも最初のうちは頑張れていても
、途中で面倒であったり、しんどいなどの壁が立ちはだかり、多くの人がその壁を越える事が出来ずにいます。
最悪の場合は、我慢の反動で食べ過ぎてしまい、筋トレを始める前よりも太ってしまうなんて事も考えられます。
押し寄せる壁を越えるコツとしては、いかに筋トレを習慣にする事にあります。
例えば、朝、顔を洗う事や毎日お風呂に入る、寝る前に歯を磨くなどの習慣を何らかの理由で行わない時、気持ち悪くて眠れない経験があるかと思います。
しかし初めからこれらを行なう習慣が無ければ、何とも思わないでしょう。
筋トレも同じです。
筋トレも最初からしなければ何ともないですが、日々の習慣となれば、しないと身体がうずいて気持ち悪い感覚を覚えるようになります。
習慣にする方法に、トレーニングジムに通う事がオススメです。
ジムには様々なマシンがあり、簡単に最大筋力を引き出させる負荷量があるので、短時間で効率よくトレーニングが出来ます。その為「筋トレはしんどい」という心理状態に陥りにくくなります。
またトレーニング終了後にシャワーを浴び、ジムから外に出た瞬間に強い爽快感を感じます。
これらの事で、ジムに行く事は楽しい事と思えるようになり、結果的に筋トレを長続きさせる事が出来ます。
半年も続ければ、筋トレが習慣化し、理想の身体を手に入れる事が出来るでしょう。

筋肉サプリランキングもよろしく

腕立てで大胸筋を上手く筋トレする方法

1筋肉を身につける
筋トレには実に様々な方法がありそこから筋肉を育てることができます。あらゆる部位にはそれらに適した方法があり、適度に筋トレを行うことによって筋肉が得られます。ですが筋トレを頑張ってるのになぜか欲しい部位についてくれないことなども考えられますが、特に筋トレをして一番目に付く部位として大胸筋があります。この部位がいくらやっても育たないと半ば諦めかけてる場合には筋トレによる方法が偏ってるのかもしれません。それでは大胸筋の筋肉の育て方はどのようにすればいいのかやり方を理解して理想の大胸筋にしてみてはいかがでしょうか。

2大胸筋を育てるなら腕立て伏せ
筋肉を身につける場合、最も筋肉が身についたことが分かりやすく見られる部位として大胸筋があります。あんなに薄かった胸も頑張れば厚い胸板にすることができるのです。方法としては誰もが手軽に行うことが可能な腕立て伏せがありますが、ただしこの腕立て伏せというのは単純にそれさすれば大胸筋を育てられると思ってはいけません。実は腕立て伏せにもやり方がいくつかあり、それによって大胸筋の上部、下部、中央、内と外側に筋肉をつけることができるのです。では腕立て伏せで大胸筋を鍛える方法をご紹介します。

3腕立てで鍛えられる部位
アゴ上に手を上げた状態で腕立てをすると大胸筋の上部を鍛えることができ、下部は手を胸より下辺り、肩幅から少し放して中央を鍛える、肩辺りに手を持ってきて内側、大きく手を広げて腕立て伏せをすると外側というようにそれぞれ異なる大胸筋を育てることができます。これらを鍛え上げる方法として特にバランスよく腕立て伏せを行うことになりますが、それぞれセットで行っていくと効果的に筋トレを行うことができるはずです。一つに対して20回を2セットくらいをすることになるので全てを行うと200回になります。ただ最初はいきなりそれをするにしてもついていけない場合には半分くらいにしておきましょう。また腕立て伏せも急に正しい方法で取り組まなければいけないということもありません。むしろ慣れない間は膝をついてできる範囲を心がけるようにしましょう。筋トレによる筋肉のみに付け方にはまずは無理をしないこと、そして続けることがあります。これらをクリアすることにより理想に思ってる筋肉を身につけることができるはずですので、まずは焦らず丁寧に続けていけるように心がけながら行ってください。

⇒筋肉サプリの効果ってどう?

口臭は防げる

口臭は、自分では気づかないと言われますが、その原因は大きく分けて、二つあります。

一つは、食べ物や飲み物のカス、タバコの成分などが、口内に残っていることです。

二つ目は、胃腸の不調から悪臭が口まで上がってきてしまうことです。

胃腸の不調は専門的な治療が必要ですが、口臭の一つ目の原因は、歯をきちんと磨くことで防ぐことが可能です。

しかしながら、世の中には、歯を磨かない人もいるのです。

以前同僚だったある人は、「夜だけ歯を磨く」と言い、朝、昼は歯を磨きませんでした。

そのためか口臭がひどく、職場で多くの人から避けられていました。

私は朝昼晩、一日三回歯を磨くだけではなく、デンタルフロスで、歯間の掃除も欠かさず行っています。

日本では、デンタルフロスは一般的ではありませんが、欧米では当たり前の習慣になっています。

デンタルフロスをしている人は、歯がきれいな場合が多く、口臭がしている人に会ったことがありません。

「歯をきれいにしたい」という人は多いですが、そういう場合、私は「デンタルフロスをするといいですよ」とすすめています。

デンタルフロスをすることで、歯間の汚れやカスが取れ、口臭予防につながり、美しい歯への近道になるからです。

口臭サプリ ランキング

生理になるとなぜニキビができちゃうの?原因と対策

ニキビはホルモンバランスと深く関わりを持っています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり生理が終わってから排卵まではエストロゲン、排卵から生理まではプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されるようになります。
エストロゲンは肌を滑らかにしたり髪の毛に艶を与えるなどの働きをし、プロゲステロンは子宮内膜を厚くするなど妊娠に備える働きをするホルモンです。

プロゲステロンは体を妊娠に備えさせるとても大切なホルモンですが、皮脂の分泌を高める働きをします。プロゲステロンの分泌がもっとも増えるのが排卵後1週間なのでこの時期ニキビが出来やすくなるのです。特に顎やおでこ、こめかみの部分にできやすいという特徴があります。

普段から肌の新陳代謝がきちんと行なわれている場合には皮脂の分泌が多くなっても毛穴に詰まることもなくニキビもさほどできませんが、古い角質が溜まっているところに皮脂の分泌が多くなってくるとニキビが出来やすくなってきます。生理前のニキビを防ぐには日頃からの肌ケアをきちんと行なっている事が大切です。

また脂っこい食事はなるべく控え、野菜中心の食生活をする事で皮脂の分泌を抑えられます。野菜に含まれるビタミンCは皮脂を抑えると共に、新陳代謝を高める働きもしてくれます。

ひどいニキビの場合には低用量ピルを飲むようにすると早く改善できます。低用量ピルはホルモンバランスを整えると共に皮脂の分泌を抑えてくれるので、なかなかニキビが改善しない場合に利用すると良いでしょう。

おすすめのニキビ洗顔ランキング