生理になるとなぜニキビができちゃうの?原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニキビはホルモンバランスと深く関わりを持っています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり生理が終わってから排卵まではエストロゲン、排卵から生理まではプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌されるようになります。
エストロゲンは肌を滑らかにしたり髪の毛に艶を与えるなどの働きをし、プロゲステロンは子宮内膜を厚くするなど妊娠に備える働きをするホルモンです。

プロゲステロンは体を妊娠に備えさせるとても大切なホルモンですが、皮脂の分泌を高める働きをします。プロゲステロンの分泌がもっとも増えるのが排卵後1週間なのでこの時期ニキビが出来やすくなるのです。特に顎やおでこ、こめかみの部分にできやすいという特徴があります。

普段から肌の新陳代謝がきちんと行なわれている場合には皮脂の分泌が多くなっても毛穴に詰まることもなくニキビもさほどできませんが、古い角質が溜まっているところに皮脂の分泌が多くなってくるとニキビが出来やすくなってきます。生理前のニキビを防ぐには日頃からの肌ケアをきちんと行なっている事が大切です。

また脂っこい食事はなるべく控え、野菜中心の食生活をする事で皮脂の分泌を抑えられます。野菜に含まれるビタミンCは皮脂を抑えると共に、新陳代謝を高める働きもしてくれます。

ひどいニキビの場合には低用量ピルを飲むようにすると早く改善できます。低用量ピルはホルモンバランスを整えると共に皮脂の分泌を抑えてくれるので、なかなかニキビが改善しない場合に利用すると良いでしょう。

おすすめのニキビ洗顔ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*