活性酸素とエイジングケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、「アンチエイジング」や「エイジングケア」という言葉をTVや雑誌などあらゆるメディアで見かけるようになってきました。

これらはいずれも「老化」に抗うことを目的とした手段や行為を意味しています。そして、その方法も現在では数え切れないほど登場してきており、どの方法を用いることが正しいのか分からなくなってしまったという方もいるかもしれません。

しかし、エイジングケアにおいて1つ確実に正しいと言える方法があります。それは、活性酸素の増加を抑えるということです。活性酸素とは、体内に取り入れられた酸素がエネルギーを燃焼させる際にごくわずかに発生する酸素のことで、あらゆる老化現象の原因と言われています。

では、活性酸素を増加させないためにはどのような手段を取ることが必要なのでしょうか。様々な手段が考えられますが、食生活やストレスの改善が効果的であるとされています。

食生活では、脂肪分の高い食事は活性酸素を活動を活性化させてしまうと言われています。さらにビタミンCやカロチン、アントシアニンといった野菜に多く含まれる成分は抗酸化物質とも言われ、細胞が酸化してしまうことを防いでくれる効果が期待できます。

また、ストレスホルモンの1つであるコルチゾルは、生成される際に活性酸素を生み出してしまいます。つまり、いろいろなエイジングケアを試す前にこうした老化現象の根本となる原因を解消することの方がより高い効果が期待できるというわけです。

【活性酸素除去にならプラセンタサプリもオススメ】
顔のたるみに効くサプリランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*