敏感肌化粧品の化粧下地はどれを選ぶか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品を選ぶ際、何を決め手として購入しますか?

有名モデルが使っている、友人のおすすめ、雑誌に載っている人気商品。

巷にあふれる化粧品は本当に様々ですが、一番大切なのは「自分の肌に合うこと」です。

現代人にとても多いのが、敏感肌です。

敏感肌にも様々なタイプがありますが、ストレスや睡眠不足が原因だったり合わない化粧品を使い続けた結果、敏感になってしまったりなど、後天性の敏感肌がほとんどです。

肌がヒリヒリしたり赤みが出てしまい、敏感肌化粧品を使用したことがある人も多いでしょう。

敏感肌の化粧下地の選び方

スキンケアを敏感肌化粧品にし、刺激を与えずにしっかり保湿し敏感を改善するのはもちろん、日中のベースメイクが、とても大切になってきます。

化粧下地、ファンデーションなどのベースメイクは、ただ肌を綺麗にみせるだけではありません。

紫外線や乾燥、車の排気ガスなど、日中には肌にダメージを与える刺激がたくさんあります。

そういったものから敏感な肌を守るために、ベースメイクも敏感肌化粧品を選ぶ必要があります。

また、ファンデーションも肌にとっては刺激となるため、その下のクッションとして肌に直接触れる化粧下地の選び方はとても重要です。

乾燥によって肌は敏感に傾くので、保湿力の高い化粧下地で肌をしっかり保湿する必要があります。

また肌の乾燥や肌荒れを引き起こしやすいエタノール配合の下地は避けましょう。

化粧下地にはUV対策を兼ねたものも多いです。

紫外線は肌にとっては刺激なので、ケアすることは大切ですが、紫外線吸収剤配合の化粧品には注意するべきです。

紫外線吸収剤は、敏感肌には刺激が強いので紫外線散乱剤が配合されているものを選ぶのがおすすめです。

敏感肌クレンジングならこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*