年齢とともにもろく硬くなっていく動脈硬化。これは40歳を過ぎるとほとんどの方に起こるそうです。

その上で、高血圧や高血糖によって血管内皮細胞が障害されると、血管壁が傷つきやすくなります。

そして、潰瘍ができてしまうと、そこに血小板が集まってかさぶた状になります。

これがいわゆる「血栓」です。

血栓が大きくなりすぎると、生命に危険な病気をもたらします。

心臓の血管に血栓が詰まると心筋梗塞、そして脳に詰まると脳梗塞といった重大な病気です。

動脈硬化は加齢によって、だれでも起こり得るものですが、血圧や血糖値、血中脂質の値をコントロールすることで、重篤な病気への進行を防ぐことができます。

それには、肥満体型の方は減量を、そして高血糖や高血圧、脂質異常症の方は適切な治療を受ける必要があります。

心配な方は、血管を健康に保つことができるEPAやDHA、血管を守るポリフェノール類、余分なコレステロールを排出することができる食物繊維、ナットウキナーゼなどが配合された血栓を溶かすサプリメントがおすすめです。

忙しくて食生活が不規則な方や、バランスのよい食事がとれないという方は、こうしたサプリメントを利用して、動脈硬化による様々な病気から体を守っていきましょう。